カーテンに関するよくある質問と答え

このページでは、お客様から寄せられることの多い、カーテンに関する疑問や質問、お悩みの中から代表的なものをピックアップしご説明させていただいております。

カーテンを選ぶときのポイントは?

梁、壁の色柄、部屋の広さに依って、カーテンの色調や柄のバランスが決まってくるでしょう、又記事の密度に依って光の透過具合が違いますから実際に光を通して確認される事をお勧めします。

カーテンの耐用年数はどのくらい?

素材によっても使用される部屋によっても異なりますが、私どもの店にカーテンのお取替えで来られる方は10~15年程度を目安にされているようです。

カーテンの生地の素材とその特徴を教えてください。
ポリエステル
  • 収縮率が低いので水洗いしてもOK。
  • ファブリックとしては硬い。
  • 今のカーテンはこの素材が主流。
レーヨン
  • ドレープ性が良い。
  • 高級感がある。
  • 吊っていると伸びる。水洗いすると縮む。
アクリル
  • 太陽の光で色あせない。
  • しわになりにくい。
綿
  • 自然素材だから健康的で手触り感が良い。
  • 水洗いすると縮む。
  • 色あせしやすい。
今持っているカーテンを引っ越し先でも使いたいのですが…

若くて新築される方が多い時代ですから今使われているカーテンも結構使えるものです。2階のお部屋に再利用されるのもお勧めします。もちろん、お仕立直しも当方で承っていますのでご相談ください。

ブラインドやロールスクリーンのクリーニングとかヒモ切れが発生したらどうすれば?

ブランドやロールスクリーンは故障が発生する場合がありますのでご相談ください。多くの場合修理は可能です。クリーニングも同時に可能です。現場を見てご相談に応じております。

カーテンのスタイルを決めるポイントを教えてください。
カーテンといえば一般的に横開きです。
  • 豪華さを表現する。
  • 縫製の方法によって様々なプリーツを表現する。
  • プリーツによって光を屈折する事が出来る。
シェード(シャープシェード、プレーンシェード)
  • 上下に動くのでカーテン溜りが無くシンプルに見える。
  • 光の調整が出来る(遮光カーテンは効果大)

ドレープカーテンは主に夜に使うものレースは昼間使うものですからその利用頻度を考慮して、どの様なスタイルにするかを決めるのは大切な事でしょう。

このページの一番上へ